株式投資

PayPay証券のメリット・デメリットを徹底解説☆気になるキャンペーンや手数料も!

ミーコ

こんにちは!ミーコ(@miiko_rabbit)です。

『OneTapBuy』という名前から生まれ変わったことでも話題のPayPay証券

わたしも米国株をコツコツ積み立てています♪

2021年9月17日時点

この記事では、PayPay証券のメリット・デメリットについて解説していきますね!

メリット
デメリット
  • 米国株を少額で簡単に買える
  • 自動積立ができる
  • 自動売却ができる
  • 未成年口座がつくれる
  • マンガで学べる
  • 手数料が少しお高め
  • 取り扱い銘柄が少ない
  • 細かい金額を指定できない

いまお得なダブルキャンペーン中なので、気になっている方はぜひこの機会に☆

▼公式サイトはこちら▼

PayPay証券

/ 無料で口座開設! \

PayPay証券とは?

※PayPay証券公式HPより

PayPay証券は、「かんたんに」「少額から」株が買える証券会社です☆

特に米国株については、ほかに少額で売買できるネット証券がないことから人気を集めています!

以前は『OneTapBuy(ワンタップバイ)』という社名でしたが、2021年2月に『PayPay証券』に社名変更してうまれかわりました。

サービスの内容については、ほとんど変更がないのでご安心を♪

PayPay証券のメリット

ではメリットから見ていきましょう!

  1. 米国株を少額で簡単に買える
  2. 自動積立ができる
  3. 自動売却ができる
  4. 未成年口座がつくれる
  5. マンガで学べる

1.米国株を少額で簡単に買える

※PayPay証券公式HPより

米国株は日本株とちがって、1株単位での購入が可能です☆(日本株は100株単位)

でも1株が高額な株はなかなか手がでません…

  • Amazon→1株約38万円
  • Google→1株約32万円
  • Facebook→1株約4万円

※2021年9月17日時点

ミーコ

人気の企業の株で1株数十万円のところも!

PayPay証券では、1,000円から株が買えます♪

1株未満での保有も可能なんです☆

配当金がでる株は、株数に応じた配当金ももらえます。

操作もかんたんで面倒な両替も必要なく、3タップで取引が完了!

ミーコ

投資初心者さんにも優しい♪

2.自動積立ができる

個人的にかなりおすすめなのが、自動積立できる『つみたてロボ貯蓄』というアプリです!

じぶん好みの設定をつくって、おまかせで積立ができます♪

1,000円から買えるPayPay証券の特徴をいかして、金額ピッタリの定額積立ができるのも魅力です。

ミーコ

1株38万円するAmazon株なんて、他の証券会社ではつみたてはかなり厳しいです…毎月38万円つみたてるのはキツイですよね。

わたし自身、Amazon株も含めた3銘柄をPayPay証券で積み立てています♪

つみたての設定方法もスクショ付きで解説してます☆

3.自動売却ができる

『つみたてロボ貯蓄』では、なんと自動売却もできるんです!

※PayPay証券公式HPより

あらかじめ設定したスケジュールどおりに自動で売却してくれるサービスです。

毎週・毎月・毎年から選べて、金額も1,000単位で指定できます。

ミーコ

将来取り崩したいときに便利そう☆

株の売り時って難しいですよね…

定額での取り崩しは大きくミスしにくいので、有効な手法だと思います♪

4.未成年口座がつくれる

PayPay証券では、未成年口座をつくることができます♪

なんと0歳から開設可能!

  • 0~14歳→取引主体は親権者
  • 15歳~→取引主体は未成年者本人

もちろん親の同意は必要です☆

個人的には、こどもへの投資教育に便利だなぁと思います。

アメリカの企業は子どもにとっても身近な、将来性のある企業が多く、社会に目を向けるきっかけとしても良さそう☆

娘はまだ4歳なので、もう少し大きくなったら利用を検討してみようかなぁと考えています!

5.マンガで学べる

※PayPay証券公式HPより

PayPay証券のアプリでは、投資の基礎知識や企業について学べるマンガが読めます☆

お子さんへの投資教育にはもちろん、大人が読んでもかなり勉強になる内容です。

さくっとスキマ時間に読めるのでおすすめですよ♪

PayPay証券のデメリット

次は気になるデメリットです!

  1. 手数料が少しお高め
  2. 取り扱い銘柄が少ない
  3. 細かい金額を指定できない

1.手数料が少しお高め

1株から買える証券会社にくらべると、手数料が少しお高めです。

2021年9月17日時点

大きめの金額で取引する場合はSBI証券がおすすめです☆

少額での取引ではそんなに気にするほどの差ではないので、PayPay証券は

  • 1株未満で買いたい
  • 少額で自動積立をしたい

という方向きです♪

PayPay証券で手数料を節約する方法はこちらで解説しています↓

2.取り扱い銘柄が少ない

  • 米国株→137銘柄
  • 米国ETF→25銘柄
  • 日本株→155銘柄
  • 国内ETF→4銘柄

他証券会社にくらべると少ないです。

ただ有名企業は取り扱っているので、初心者さんは特に困らないと思います☆

そして、実は米国ETFや日本株も取り扱っているんです!

米国ETFも他証券会社では1口からしか買えないので、

  • VIG(約17,000円)
  • VTI(約25,000円)
  • VYM(約12,000円)
  • SPY(約49,000円)
  • GLD(約18,000円)
  • QQQ(約42,000円)
  • OIH(約21,000円)

※2021年9月17日時点

このあたりも1,000円から購入・つみたてができる貴重な証券会社です☆

日本株については、1株から購入出来るLINE証券などがあるので…

PayPay証券では、1株1,000円以上する日本株の購入にはおすすめです☆

3.細かい金額を指定できない

1,005円!1,100円!など、端数での購入はできません。

1,000円から1,000円単位での購入となります!

ミーコ

いくら分買うかも迷わなくてすむので、逆に親切かも!

少額で米国株買うならイチオシ☆

※PayPay証券公式HPより
メリット
デメリット
  • 米国株を少額で簡単に買える
  • 自動積立ができる
  • 自動売却ができる
  • 未成年口座がつくれる
  • マンガで学べる
  • 手数料が少しお高め
  • 取り扱い銘柄が少ない
  • 細かい金額を指定できない

少額から米国株(米国ETFも!)を買うなら、PayPay証券はイチオシです☆

つみたての設定したらほったらかしておけるので、楽ちんだしかなり気に入っています♪

ミーコ

将来が楽しみ♪

わたしが買っているのは、いま使っていてこれからも続いいていってほしいと思える・応援したい大企業3つです!

気長に積み立てていこうと思います。

いまちょうどダブルでキャンペーンやっているので、気になった方はこの機会にぜひ☆

▼公式サイトはこちら▼

PayPay証券

/ 無料で口座開設! \

インスタでは投資の知識をわかりやすく発信中☆

こちらもぜひフォローしてね!

ABOUT ME
ミーコ
20代主婦です。1日5分の時短投資でお小遣いを稼いでいます! Twitterで毎週の投資成績などつぶやいているので、ぜひフォローお願いします☆
こちらの記事もおすすめ!